邦楽ロックバンド『AKARA』
邦楽の魅力をロックに奏で、新時代を拓く開拓者。

アーティスト

AKARA

J-trad ROCK band AKARA 「孤高」 "KOKOU" by AKARA

『AKARA』は「箏、篠笛・能管、鼓」を演奏する3人の邦楽器奏者とヴォーカリストによる4人編成のロックバンド。ロックと和楽器が融合した、新しい時代を拓き進んでいくバンドです。

 

『AKARA』は熱いロックから切ないバラードまで幅広いジャンルの曲を持ち、ケイパビリティ溢れています。

その曲の幅の広さやバンドメンバーの親しみやすさから様々な年齢層に愛されており、ワンマンライブのチケットがSold outする程人気がある邦楽ロックバンドです!!

Top Page - AKARA
「新時代の日本音楽を創る」ヴォーカル、箏、尺八、横笛、鼓からなるロックバンド。

 

歴史・背景

AKARA (和楽器ROCK Band) / 「The Universe 」【MV】

『AKARA』は2014年から活動を開始しています。

和楽器の可能性を広げるような様々な曲を多く発表しており、2019年1月にはファーストアルバム『Clush the Rules』も発売されました。

 

『AKARA』は日本国内でのライブ活動をはじめ、様々なイベントで演奏を披露しています。東京ビッグサイトで開催される『デザインフェスタ』や、邦楽界最大規模のイベント『全国邦楽合奏フェスティバル』でも演奏が披露されました。

 

また、国内だけでなく海外でも活発に活動しており、ドイツでのワンマンライブ、フランスで開催された『JAPAN EXPO 2018』で演奏するなど、本当にワールドワイドです!

AKARA //「KAGEROU-陽炎-」Japan Tag 2017 LIVE in Düsseldorf

 

メンバー

  • MIKIKO:ヴォーカル
  • Tommy:箏
  • TAKA:篠笛・能管
  • YUU:鼓・和太鼓

MIKIKO

圧倒的な行動力で夢を実現するAKARAのヴォーカル。
米国の名門大学UCLA卒業。

 

在学中音楽活動の中で、日本の伝統楽器、和文化・日本の歌をもっと世界に広げ日本を盛り上げていきたいと思いから、帰国後に和楽器を取り入れた音楽活動を開始する。

熱い想いと行動力でAKARAを引っ張り、困難と思われる条件でのライブを毎回大成功させている。

 

 

Tommy

AKARAの曲をクールに奏でる箏プレイヤー。
洗足学園音楽大学の現代邦楽コースを首席卒業し、大学院は総代で卒業。

 

幼少より箏を嗜み、上迫田日呂子、吉崎克彦の両師に師事し、数々のコンクールで受賞する程の高い演奏技術を持つ。

AKARAで素晴らしい箏の演奏を披露し、同時にテレビでの演奏披露や芸能人への箏指導なども務めている。

 

 

TAKA

AKARAの世界観をメロディアスに鳴らす笛(AKARAでは篠笛と能管)プレイヤー。
東京芸術大学音楽学部邦楽科を卒業。

 

東京芸術大学音楽学部邦楽科で高められた技術と表現力をAKARAで披露し、個人でも邦楽演奏会、舞踊会、 テレビやラジオに楽曲提供などで活躍している。

また、自身での曲『夏疾風』も発表している。夏疾風ではAKARAとが異なる世界観を楽しむことができる。

‎福原 百貴の「夏疾風 (Rock Ver.) [feat. KAZU] - Single」をiTunesで
‎"夏疾風 (Rock Ver.) " を含む、アルバム「夏疾風 (Rock Ver.) - Single」の曲をプレビュー、購入、ダウンロード。 アルバムを¥255で購入する。 1曲¥250から。

 

YUU

AKARAの音楽を支える太鼓と鼓のビートを刻む太鼓プレイヤー。

 

幼少より、父である望月左武郎(『助六太鼓』結成者)と四代目望月朴清氏(長唄囃子方の名跡)から長唄囃子の手ほどきを受け、自身も太鼓の道へ進む。

大江戸助六太鼓独立後はソロとして活動し、様々なアーティストとのコラボを行いながら、和太鼓の指導や楽曲提供などの活動を行う。さらに太鼓プロジェクト「indra-因陀羅-」を結成し、後進育成などにも熱を入れた活動をしている。

参考:AKARA公式Webサイト プロフィールより

 

和楽器メディアが感じる「AKARAの魅力、ココが熱い!!」

とにかく熱い!!

AKARA // LIVE at 目黒鹿鳴館 DIGEST 2018.7.22

AKARAはとにもかくにも熱いんです!

和楽器をもっとたくさんの人に知ってもらいたいという想いから、本当に様々な活動をされています。どの活動も手を抜かず精一杯に駆け抜けるAKARAを見ていると頑張ろうという活力をもらえます。

「熱くなりたいのに、何か熱いものが見つからない」という人は是非AKARAを見て熱くなって欲しいです!!

どの楽曲も素晴らしい

AKARA // KOHAKU-琥珀-(Acoustic Ver) at 渋谷eggman 2017.06.01

AKARAには本当に多くの楽曲があり、どの曲も素晴らしいんです。

熱いロックナンバーも素晴らしいのですが、切ないバラードナンバーがイチオシです!

AKARAのバラードナンバーは、和楽器の美しい音色とMIKIKOさんの歌声が絶妙にマッチしていて、心にしみます。

 

フレンドリーでファンを大切にしている

どのバンドもファンを大切にしているとは思いますが、AKARAはその中でも一段ファンを大切にしているバンドだなと思います。

ライブ中のコミュニケーションやコール&レスポンスだけでなく、ライブ前や後だったりちょっとしたお話や挨拶にも丁寧に対応していて、ファンの方が応援したくなる気持ちがとても分かります。

演奏だけでない部分でのそういった取り組みも人々を魅了する理由です!!

 

若い人に和楽器を知ってもらいたいという想い

AKARA学生は入場料無料や格安だったりと、若い人が少しでも和楽器に関心を持ってもらえるような活動を積極的に行っています。

ライブのチケットは一枚でも多く売れた方が良い中で、学生は無料という取り組みを行うには相当の覚悟が必要だと思います。

AKARAの「若い人に和楽器を知ってもらいたい・触れてもらいたい」という活動はとても素晴らしいです!!

 

まとめ 『AKARA』は和楽器界の新たな時代を切り開く開拓者!!

AKARAというバンドは曲・メンバー・スタイル様々な面で輝いているバンドです。

ロックと和楽器を融合させ、新しい形で新しい時代を拓こうとするその姿を見るとファンが大勢いるのも納得です。

ライブ活動も本当にたくさんされているので、興味を持った方は是非AKARAのライブに足を運んで、AKARAの世界に触れてみてください!!

ライブ・スケジュール アーカイブ - AKARA

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました