鼓童提供楽曲がスタート。誰でも気軽に鼓童の曲が演奏できる!!

曲紹介

太鼓芸能集団『鼓童』が作曲したオリジナルの楽曲を誰でも楽しむことができるようになりました!!

今回は新しく始まった『鼓童提供楽曲』について紹介します。

 

『鼓童提供楽曲』とは

鼓童提供楽曲、始めます - 太鼓芸能集団 鼓童

『いつでも・どこでも・だれとでも もっと自由に』太鼓を楽しんでもらう為に、鼓童が提供するオリジナル楽曲です。

楽譜や動画が準備されているので、鼓童が定めるルールの範囲であればどなたでも楽曲を練習し、演奏することができるという楽曲です。

 

鼓童提供楽曲『春風』

春風 Shunpuu(正面)/鼓童提供楽曲01

鼓童提供楽曲の第一弾は「春風(しゅんぷう)」です。(作曲:鼓童 2019年)

篠笛と軽やかな太鼓の音色が春の陽気さやお祭りの雰囲気、足取りを感じさせてくれる楽曲です。楽曲は楽譜と動画があり、動画はパート別の動画も準備されているので、子供がいて楽譜を教えるのが難しい団体などでも演奏することが可能です。

春風 Shunpuu(パート別)/鼓童提供楽曲01

 

できることと、できないこと

鼓童提供楽曲では、できることとできないことがあり、これらを踏まえて演奏をする必要があります。できないこととはいえ、厳しいものではなく、一般的に他の人が作った楽曲を使用する場合に当たり前と言えることという範囲です。また、こちらは鼓童の曲全てではなく『鼓童提供楽曲』においてのルールなので混同しないよう注意が必要です。

できること、できないことに関しては、鼓童公式Webサイトにまとめられているので、引用いたします。

⭕️なこと・動画・写真撮影
・演奏動画をSNS・動画共有サイトなどにネット上で共有すること
・鼓童提供楽曲を含む複数の曲で構成された無料・有料コンサートで演奏すること
※この際は、パンフレット・アナウンスなどで「春風」作曲 : 鼓童と説明をお願いいたします。
・当サイトよりの楽譜ダウンロードと複製
・演奏団体に応じた楽器編成の変更
・フレーズの繰り返し数、ソロパート、演奏団体のレベルに合わせたリズム変更など原曲の曲調をとどめた範囲内でのアレンジ
・上記アレンジの範囲内での楽譜の書き換え・複製
・映像編集したものをネット上にあげる際に、利用者自身による鼓童提供楽曲の演奏音源をBGMとして利用すること
❌なこと・タイトルの変更
・鼓童提供楽曲、原曲の曲調をとどめていないアレンジでの演奏と、それに伴う楽譜書き換え・複製
・鼓童提供楽曲のみで構成された有料の演奏会・発表会での演奏
こちらのページにて公開している「鼓童演奏の提供楽曲音源・映像」の編集や二次利用

引用:鼓童公式Webサイト『鼓童提供楽曲、始めます』より

個人的にはできないこともとても少なく、かなり自由に楽曲を使えるルールなのではと思います。鼓童さんの『いつでも・どこでも・だれとでも もっと自由に』太鼓を楽しんでもらいたい、という気持ちが伝わってきます。

 

楽譜のダウンロード方法

鼓童提供楽曲、始めます - 太鼓芸能集団 鼓童

上記のリンクに『◆楽譜ダウンロード』という見出しがあり、そこの利用規約を読み進めていくと、メールアドレスなどの入力フォームへのリンクがあります。そこへ移動し、必要な情報を入力するとメールが届きます。そのメールに記載されたリンクより楽譜のダウンロードが可能です。

 

『鼓童提供楽曲』これからが楽しみな試みです!!

鼓童提供楽曲、気軽に鼓童の曲を楽しむことができるなんて、とても素敵な試みですね。これからどのような展開になっていくのでしょうか?今後の展開にも注目です。

和楽器メディアをご覧いただいており、太鼓グループに所属されている方は是非『春風』にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!また、今回を機に太鼓を始める、グループを作る、というのも面白いかもしれません。ぜひ鼓童提供楽曲と共に太鼓ライフを楽しみましょう!!

 

太鼓芸能集団『鼓童』とは

太鼓芸能集団「鼓童」は和太鼓を演奏するプロ集団。

数多く存在する太鼓プロ集団の中でも、トップクラスに位置する知名度とそれにふさわしい技術力を持っており、日本国内だけでなく世界中でも活躍するワールドワイドな太鼓集団です。

■鼓童公式Webサイト

太鼓芸能集団 鼓童

■鼓童紹介記事(和楽器メディア)

『太鼓芸能集団 鼓童』
日本が誇るトップクラスの和太鼓集団
日本の和楽器の中でも圧倒的な音量と迫力を持つ楽器「和太鼓」。和太鼓を扱うプロ集団「太鼓芸能集団 鼓童」。数多くあるプロ集団の中でもトップクラスに位置する知名度と技術力を持っています。 ストイックで圧倒的な練習量を誇る鼓童の演奏は、迫力と繊細さが同居し、見るものを魅了します。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました