【和楽器紹介】鮮やかな棹の三味線『Sakura』を紹介。紫の棹と桜色の糸巻きが目を惹く三味線。

楽器

『影藤』などの新しい三味線を開発する国際三味線コミュ二ティ『撥道』。

今回は撥道で販売されている鮮やかな棹が特徴的な三味線『Sakura』を紹介します。桜を連想させる綺麗な色が目を引く美しい三味線です。

三味線『Sakura』とは

『Sakura』はは”パープルハート”をという紫色が特徴の木材が使用して作られた三味線です。

これは、三味線の主材木である紅木が世界的にも希少なものとなり、持続的な生産が難しくなりつつある事態を鑑みて、新たに考案されたそうです。

パープルハートは世界中で確保できる木材な上、耐水性や硬さなども優れています。
紅木に劣らない木材ということで次世代を期待される木材です。

『パープルハート』ってどんな木材?持続可能な次世代の三味線の木材になれる!?
撥道の三味線『Sakura』に使用されているパープルハート、三味線といえば花梨・紅木などが主流なので、このパープルハート...

 

『Sakura』の特徴:美しい色

『Sakura』の特徴は何と言ってもその色です!
紫色の棹に桜色のアクリル糸巻きが『桜』を連想させます。

写真の『Sakura』は明るさを調整しただけのもので、色味などは調整していません。
棹にはっきりと色が出ているのがわかりますね。

棹はニスなども塗っておらず、光沢が出るまで職人が丁寧に磨き、仕上げています。

胴と棹の部分の写真を見ると色の違いが一目瞭然です。

 

『Sakura』の使用感

『Sakura』のパープルハートは硬さも重さもあり、演奏するには良い感じです。
その重さは座ればしっかり膝に乗り、立って弾けば負担にならない程よい重さです。

一見すると軽い、脆そうといった雰囲気なのですが、実際に持ってみると印象が変わります。

また、紫と桜色という組み合わせですが、男女問わず持っても違和感ない色合いです。

 

▼乳袋は通常の三味線と同じくらいの大きさ

 

▼糸巻きは棹の色にあった桜色です。

 

まとめ:『Sakura』他にない色合いと質感が素敵な三味線です。

撥道の三味線は毎回本当に色々な工夫がされていて面白いですね。

 

『Sakura』三味線は撥道ウエアハウスでお買い求めいただけます。

▼『Sakura』紹介ページ

Sakura
HOME 商品紹介 皮張り FAQ About Sakura 彩り飾る美しい三味線 ¥155,0

 

おまけ:細棹仕様のSakuraも作成可能!!

細棹仕様『Sakura』を作ることも可能だそうです。過去に細棹版の『Sakura』も作成したそうです。

基本的には受注生産なので、お問い合わせから受け付けているそうです。

お問い合わせ

 

『Sakura』フォト

この記事を書いた人
稲毛 佳祐

和楽器メディアのプロデューサー。

エンジニアとして活動しながら和楽器メディアのプロデュースをしています。日本の音楽・技術の素晴らしさを多くの人に知ってもらえるよう日々情報発信しています。

稲毛 佳祐をフォローする
楽器
和楽器メディア

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました