『鳴物 宮澤』の新型チャッパとチャンチキが気になる!!

紹介

昨日Twitter、Facebookに突如として現れた『鳴物 宮澤』さんの新型チャッパとチャンチキ告知…先日紹介した『第四回和楽器展示会』でお披露目され、先行予約も受け付けるそうです。

Twitterの写真を見る限り、光り輝く感じというよりは、シックでいぶし銀な印象を受けます。一体どのような音を奏でるのか、とても気になりますね!!

 

『鳴物 宮澤』さんの新型チャッパとチャンチキが気になる方はぜひ『第四回和楽器展示会』に足を運んでみてください。『第四回和楽器展示会』は2019年6月29日・30日の二日間、東京都の京橋エドグランで開催されます。

この機会をお見逃しなく!!

 

チャッパとは

チャッパは小さなシンバルが二つで一組になった和楽器です。

使い方は多様で、打ち合わせて音を鳴らすだけでなく、こするようにして音を鳴らしたり、打った後に微妙な隙間を開けることでドラムのハイハットのような音を出すようなこともできます。

また、身軽さを活かし踊りながら演奏もでき、パフォーマンスとしても使われたりしています。

 

チャンチキとは

チャンチキは窪んだお皿のような形をしており、撞木と呼ばれる先端に鹿の角やプラスティックで作ったパーツを取り付けた棒で鳴らす楽器です。

チャンチキは摺り鉦、当たり鉦、コンチキなど様々な呼び方があります。音色はとても高い金属音を出すものから、低く深い音色を奏でるものまで様々です。

音がとても響く楽器の為、リズム取りなどにも使用されることがある楽器です。

 

『第四回 和楽器展示会』情報

開催日2019年6月29日(土)・30日(日)
時間29日:10時~18時
30日:10時~17時
場所京橋エドグラン(京橋駅直結、東京駅八重洲口徒歩5分)

イベント内容・和楽器の展示、販売
・職人による実演
・和楽器の演奏
・和楽器の体験
入場料無料

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました