神秘的な音色を奏でる『金剛鈴』を紹介。

紹介

今回は神秘的な音色を奏でる金剛鈴(こんごうれい)を紹介します。

金剛鈴(こんごうれい)とは?

金剛鈴とは『密教法具』の一つです。チベットでは”ガンター”という呼び方をします。

楽器ではなく法具なのですが、現在は様々な場所で買うことができます。その音色はとても神秘的で、心を落ち着かせてくれます。

 

どう使うの?

金剛鈴は普通の鐘のように、持ち手を持ってチリンチリンと鳴らすことができます。この状態でもとても響きがよく、綺麗な音がなります。

しかし、この鳴らし方以外にも鳴らし方があるのです。
それは鐘を鳴らす棒を使い、縁をこするという方法です。

縁をこすると音叉のような音が響きます。
最初は小さい音ですが、鳴らし続けると徐々に音が大きくなります。

とても美しい音色で、ずっと音を鳴らしていたくなる不思議な魅力がある音です。

下記の動画ではとても綺麗にわかりやすく金剛鈴の紹介がされています。是非、その音を聞いてみてください。!!

金剛鈴(ガンター) Tibetan Buddhism bell

 

まとめ:『金剛例』神秘的な音色が素晴らしい法具

とても美しい音色を奏でる金剛鈴、癒しや集中力を培う為にお一ついかがでしょうか。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました