笑えて学べるカッコ良いバンド『THE 南無ズ』を紹介。
坊主バンド発のスピンオフバンドが熱い!!

アーティスト

『THE 南無ズ』とは

THE 南無ズ とは
"仏教×笑い×音楽"をテーマに娑婆を駆け巡る南無い集団。 坊主バンドのスピンオフバンドとして2018年に降誕し…

『THE 南無ズ』は”仏教×笑い×音楽”をコンセプトにした、ボーカル・ギター・ベース・ドラムの和風四人組バンド。

お坊さんをメインにしたバンド『坊主バンド』のスピンオフバンドとして2018年に誕生した「仏教パフォーマンス集団」です。

怪しそう?と思う方もいるかもしれませんが、かなーり真面目に音楽をやっている素敵なバンドです。

 

『THE 南無ズ』のメンバー

【THE 南無ズ】南無ずっきゅん♡ (2019.3.17. 下北沢ろくでもない夜)
  • 彼岸田 盆:ボーカル(お喋り、木魚、おりんも担当)
  • 涅槃崎 悟:ギター、歌
  • 虚無尺 僧八:ベース、尺八
  • おがみ おが:ドラム

彼岸田 盆(Higanda Bon)

『THE 南無ズ』のヴォーカル担当。
二つ名は「娑婆を駆ける剃髪の異端児」。

ガチのお坊さんということでとてもお話が面白い、バンドの盛り上げ役。
笑える話から学べる話まで、トークの幅が本当に広い!!

 

涅槃崎 悟(Nehanzaki Satoru)

『THE 南無ズ』のギター、歌担当でリーダー。
二つ名は「俺の数珠がこんなに可愛いわけがない」。

お坊さんではなく「葬儀屋」に務め、バンド内では唯一洋服を着ているメンバー。
安定したギターと歌でバンドを支えるイケメン。

 

虚無尺 僧八(Komusyaku Sohachi)

『THE 南無ズ』のベース、尺八担当。
二つ名は「みーんなの目線を、網目の中からいただきこむむ」。なんかあざとい・・・

天蓋をかぶり、ひときわ雰囲気を放つ存在。
坊主バンドでは尺八担当だったのに、このバンドでまさかのベースを弾くというマルチな才能を発揮する本格派。

 

おがみ おが

『THE 南無ズ』のドラム担当。
二つ名は「君の仏像をたてたい」。

確かなドラムテクニックでバンドを支えるメンバー。

参考・引用:『THE 南無ズ』公式Webサイトより

和楽器メディアが感じる『THE 南無ズ』 の魅力、ココが熱い!!

コミカルで笑える、だけどカッコ良い!!

【THE 南無ズ】懺悔文 ~SANGE-MON~ (2019.2.25.二子玉川GEMINI Theater)

『THE 南無ズ』の楽曲や音楽はそのコンセプト通り「笑えるコミカルさ」があります。聴いていると自然と笑顔になるような感じです。

しかし、ただコミカルなだけでなく「しっかりと作られた音楽」でもありとてもカッコ良いです。ギターのサウンド、ベースとドラムの重低音、ヴォーカルの奏でるグルーヴ感が最高です。

 

笑いの中に学びがある!!

THE 南無ズ「てら・テラ・寺」MV

『THE 南無ズ』はコンセプトにある「仏教」にちなみ、勉強になる学びが曲の中にたくさんあります。

MVもある曲「てら・テラ・寺」ではお寺についての「そうなの!?」ということが歌われています。他の曲でも同じように学べるものがたくさんあります。

硬くならずに面白く学べるというのがとても素敵ですね!!

 

まとめ:『THE 南無ズ』、笑えて学べる素敵なバンド!!

【THE 南無ズ】ライブダイジェスト(2019.2.22.下北沢ろくでもない夜)

「仏教」と聞くとなんだか遠い存在のように感じますが、そもそも年末年始でお寺に行ったりしますし、元々遠くない存在ですよね。

『THE 南無ズ』は変ないやらしさなく「仏教」というものを教えてくれるとても素敵なバンドです。楽曲も本格的で、これからの活動がとても楽しみです!!

 

情報

 

 

コメント

  1. より:

    『THE 南無ズ』のメンバー
    の段落で、メンバーお二方のお名前が間違っているようですが。。。

    ×虚無僧 尺八 ○虚無尺 僧八
    ×おがみがお ○おがみ おが

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました