【和楽器イベント紹介】
和楽器が響き渡る一日『日本の響 草加の陣2019』を紹介。

ライブ情報

2019年9月15日、埼玉県の草加市で和楽器ずくしのイベントが開催されます。

それはこちら、『日本の響 草加の陣2019』です!!

本日は、豪華な出演者と様々なジャンルの音楽が楽しめるオススメのイベントを紹介いたします。

『日本の響 草加の陣』とは

【ライブレポート】『日本の響 草加の陣2018』美しい和楽器の音溢れるコンサート
2018年9月10日(土)、埼玉県草加市にて『日本の響 草加の陣2018』が開催された。様々な和楽器と名だたる…

『日本の響 草加の陣』とは、埼玉県の草加市で開催されている、様々な和楽器・日本の音色を楽しむことができるライブイベントです。

これまでに、和太鼓奏者の林英哲さんやヒダノ修一さん、尺八奏者の藤原道山さん、三味線奏者の木乃下真市さんや澤田勝秋さんなど、有名な和楽器のアーティストや団体、奏者の方が数多く出演されてきました。

 

豪華な出演者!!

今年の『日本の響 草加の陣』に出演される方々は以下の通りです!!

  • 伊藤多喜雄
  • OKI DUB AINU BAND
  • 浅野祥
  • 辻本好美
  • 鶴賀若狭掾
  • 和太鼓グループ 彩 -sai-

今年も出演者が本当に豪華です。和楽器から民謡、アイヌ音楽、浄瑠璃などジャンルも様々でとても面白そうですね。今回は各出演者のプロフィールも簡単に紹介いたします。

伊藤多喜雄:民謡

北海道苫小牧出身。

「民謡界」の枠にとらわれず民謡の復活へ向けて、様々なライブ活動を展開することで、独自に活動の場を切り開いてきた。

これまでには加山雄三、玉置浩二、天童よしみといった名だたるアーティストとの共演も果たしている。

唄を通して、日本各地の町おこしにも関わり、日本中を駆け回る日々を送る。

公式サイト
http://takiopro.com/profile.html

 

OKI DUB AINU BAND:アイヌ音楽/ダブ・レゲエ

アサンカラ(旭川)アイヌの血を引き、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者である「OKI」率いるバンド。海外での活動がメインで世界中を駆け回っている。

電化したトンコリをベースとドラムで強靭に補強したヘヴィなライブサウンドに、アイヌに歌い継がれるウポポ(歌) の伝承曲やリムセ(踊り)、アフログルーヴ、レゲエ、ロック等が混在した越境DUBサウンドが特徴的。

 

浅野 祥:津軽三味線

宮城県仙台市出身1990年生まれ。

祖父の影響により、3歳で和太鼓、5歳で津軽三味線を始め、その後三絃小田島流 二代目小田島徳旺氏に師事。

2004年 津軽三味線全国大会、最高峰のA級で最年少優勝(当時14歳)その後、2006年まで連続優勝し、3連覇を達成。同大会の規定により、殿堂入りを果たす。

本来の民謡、古典芸能の追及はもちろんのこと、幅広い世代に三味線の魅力を伝えるべく、津軽三味線の可能性を追い求める孤高の若き津軽三味線奏者。

公式サイト http://sho-asano.com/

 

辻本 好美:尺八

尺八奏者である父の影響で、高校入学と同時に尺八を始める。

確かな技術と親しみやすい性格で、純邦楽からPOPSまで幅広く活躍している。

2015年には和楽器カバーの動画が世界中のSNSで大反響を呼び、これを契機に、日本の伝統楽器の素晴らしさを、世界中の幅広い世代の人にもっと知ってもらいたいという想いを持ち、ソロ・プロジェクト”Bamboo Flute Orchestra”を結成する。

2016年にはSMEレコーズよりアルバム”SHAKUHACHI”で史上初の女性ソロ尺八奏者としてメジャーデビューを果たす。

公式サイト
https://www.443tsujimoto.com/

 

鶴賀若狭掾:新内節浄瑠璃

新内節の浄瑠璃太夫、三味線方の名跡。

幼少の頃より新内節の太夫(語り手)であった父の鶴賀伊勢太夫より新内節浄瑠璃の手ほどきを受け、新内の道に入り、伝統的な新内節の技法を的確に体得し、昭和33年に2代目鶴賀伊勢路太夫を名乗る。

平成11年に11代目鶴賀流家元を継承し、平成12年に3代目鶴賀若狭掾を襲名。

平成13年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

 

和太鼓グループ 彩 -sai-:和太鼓

2005年に東京大学のサークルとして結成された男性のみの和太鼓集団。

2013年にプロとしての活動を始め、国内外様々な場所で活躍している。

楽しく爽やかな和太鼓から、テレビ・メディア出演なども多くこれまで色々な芸能人やアーティストとも共演している。

公式サイト
http://wadaiko-sai.com/

 

豪華な出演者に様々なジャンルの音楽、楽しめること間違いなしのイベント!!

『日本の響 草加の陣2019』出演者の方々が本当に豪華です。そして、披露されるジャンルも様々なので楽しめること間違いなしのイベントだと思います。

新内節浄瑠璃やアイヌ音楽は普段和楽器に接していても聴くことが中々ないジャンルですので、和楽器を知っている人でも新たなワクワクがあるかもしれません。

和楽器を知らない人にとってはトップレベルのアーティストによる素晴らしい演奏を色々聞けるのでオススメのイベントとなっています。

興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!!

 

イベント情報

演奏会名日本の響 草加の陣2019
日にち2019年9月15日(日)
13時15分開場、14時00分開演
場所草加市文化会館 ホール(埼玉県草加市)
料金
S席 5,500円
A席 4,000円
B席 3,000円
予約
その他

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました